情報
 保健より2011.3.3
今年度は、風邪や発熱で欠席するお子さんが少なく特に幼児さんはとても丈夫になりました。ひまわり組さんは保育園最後の1か月です。みんなと思い切り遊んで、毎日元気に登園してきて下さい
去る1月29日に子育て講座が行われました。講師は園の歯科園医で日本抗加齢医学会の専門医でもある関裕信先生です。今回は生活習慣が及ぼす体への影響と歯の話し等、今まで私たちが知らなかったことをお話し頂きました。その際参加者の方のアンケートに質問がありました。関先生からの回答を報告致します。
Q、葛飾区がなぜ未処置歯を持つ子の割合が5%も高いのか理由が知りたいと思いました
A、むし歯のない率は徐々に増加してきていますが、未処置者率の高値、処置完了者の低値から、区内ではむし歯の無い子どもが増加する一方、新たなむし歯を放置している子どもも存在することが示唆されます。「無い子には無い、ある子には多数ある」といった二極化が起りつつあるのかも知れません。


 3月のたんぽぽ組2011.3.3
たんぽぽぐみでの生活も、あとひと月になりました。ちっちゃなちっちゃな赤ちゃんたちが、保育園の生活の中で「食べて・遊んで・寝て」大きくなりました。「こんなことも出来るようになった」ということがどんどん増えて、クラスの友だちと触れ合いながら、それぞれがいい刺激を受けていく姿は、とても可愛くて・・・私達も子どもたちの成長に嬉しさがいっぱいです。13名の元気な子どもたちも、個々に自己主張をしながら、お母さんや私達を困らせていますがそれもこの年齢ならではの可愛さなので、大切にしながら暖かく見守っていきたいですね。

 3月のさくら組2011.3.3
発表会を終え、初めてみんなで高砂7丁目公園に行って遊びました。 すべり台や砂場など、全員で遊ぶのは初めてだったので、 大人も子どもも楽しんで遊びました。 帰る時には「もっと遊びたい」と何度もすべり台を滑っている子がとても多かったです。これから暖かくなってくるので公園に行って遊ぶ機会を増やして行きたいと思っています。

 3月のすみれ組2011.3.3
発表会がありました。昨年は練習中に遊んでいる子もいましたが、今年はみんなで練習を重ねることが出来ました。つぶやきでなく台詞を言うことや、自分だけでなく友達の台詞を待ち劇の流れを理解することの難しさ、3歳の子ども達に伝えることは本当に大変でした。大人が迷いながら進めていく時間が長かったのにあんなに立派に演じてくれた子ども達に感謝します!
家族の方々が観に来てくれている嬉しさが子どもたちの支えになったのでしょう。ありがとうございました。

 3月のちゅうりっぷ組2011.3.3
最近は公園に行っても、遊具で遊ぶよりも友だちと鬼ごっこをしたりする方が楽しくなっていました。室内でも変わらず、なにをするにも友達と一緒が楽しくて、発表会の劇遊びも普段の遊びの延長となりとっても楽しくできました!これから、ゆり組ひまわり組と一緒に散歩に出掛けたり、B棟のお部屋で遊んだりと過ごしながら、進級に向けて期待を持って過ごしていけるようにしたいと思います。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117
[編集]
CGI-design