情報
 保健より2009.12.4
厚生労働省は11月20日、新型インフルエンザ患者の発生動向をまとめ、11月中旬までに国民の14人に1人が新型インフルエンザを発症したと発表しました。保育園でも御兄弟の感染から発症するお子さんもいて、徐々に増えてきています。 御家族の感染で登園自粛を呼びかけており、ご協力頂き有難うございます。これまでの園児の感染で発熱が長引いたお子さんはいますが、重症化したお子さんはいません。病院が子どもの重症化を防ぐため、疑いのある場合は早めにタミフルやリレンザを処方しているようです。これからは、季節性のインフルエンザも流行期に入ります。発熱、咳鼻水、咽頭痛の症状が出たら早めに受診しましょう。

新型インフルエンザウイルスを100%分解除去する、「ストリーマ技術」空気清浄機を設置しました。

玄関は多数の人が出入りする為「プラズマクラスター機能」の大型を設置しました。吹き出し口からイオンを発生して付着や浮遊している菌やウイルスを浄化しています。保育室は「ストリーマ技術」のダイキン加湿空気清浄機を設置しました。(7台)
 B棟  2台  A棟1階  2台 さくら 1台  たんぽぽ  1台
冬の季節に子どもたちが安心して過ごせるきれいな空気の部屋を保っていきたいと思います

 12月のたんぽぽ組2009.12.4
11月から新しいお友だちのゆうがくん、りゅうとくんが入って、ますます賑やかなたんぽぽ組になりました。普通食を食べている子どもたちは、スプーンを持つのも上手になり、自分で頑張ってすくおうとしています。離乳食の子どもたちも、大きな口を開けて、負けずにたくさん食べています。遊びの中でもお皿やスプーンを持って食べる真似をしたり、お人形をおんぶしてお世話したりと楽しめるようになってきました。ますます寒くなってきますが、天気の良い日は戸外に出てたくさん遊びたいと思います。


 12月のさくら組2009.12.4
園庭遊びで、さくら組の最近の流行は、ポックリとフラフープ!ちょっと難しいのですがポックリに両足のせて立ち歩ける子もいます。フープを使って、ケンケンパ!のように両足ジャンプできる子が増え、バランス感覚の成長に驚かされている毎日です。15分程歩いてかかる子ども広場に出かけます。そこでは、どんぐりを拾ったり、落ち葉を集め、楽しんでいます。寒くなってきますが、体を動かし元気に過ごしたいと思います。

 12月のすみれ組2009.12.4
黄色やオレンジに色付いた葉っぱがずいぶんと落ちてきました。子どもたちも「きれいだね」と言って眺めたり、 「葉っぱの雨ですよー!」とたくさん集めては上から降らせて遊んでいます。また、ちぎったり、並べたり、裏返したりと食材にして、ままごと遊びも楽しいようです。「まだ、焼けてませんよ」「待ってて下さいね」等、子ども同士のやりとりがとてもかわいらしいですよ。

 12月のちゅうりっぷ組2009.12.4
新しいお友だちのゆいこちゃん、しりゅうくんが入って15名となったちゅうりっぷ組です。お友だちとごっこ遊びをしたり、積み木や動物の人形を使ってお家をつくったり、おばけカルタも人気です。公園では、おばけの名前を1つ決めて「今日はひとつめこぞう」と言っておばけ役の先生から逃げ、追いかけっこを楽しんでいます。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83 P84 P85 P86 P87 P88 P89 P90 P91 P92 P93 P94 P95 P96 P97 P98 P99 P100 P101 P102 P103 P104 P105 P106 P107 P108 P109 P110 P111 P112 P113 P114 P115 P116 P117
[編集]
CGI-design